SAP(エスエイピー)

ヨーロッパ最大級のソフトウェア会社・SAP(エスエイピー)とは

SAP(エスエイピー)は、ドイツに本社を置くヨーロッパ最大級のソフトウェア会社です。提供している主な製品は、SCM(サプライチェーンマネジメント)・CRMといった業務用データベースソフト。1972年創業、日本法人はSAPジャパン株式会社となっています。ここではそんなSAP(エスエイピー)の提供するCRM製品の特徴と評判についてご紹介しています。

SAPジャパン公式サイト
【引用元】SAPジャパン公式サイト(https://www.sap.com/japan/index.html)

SAP(エスエイピー)のCRM製品

SAP CRM

SAP CRM(SAP Customer Relationship Management)は、セールス・サービス・マーケティング・インタラクションセンターなどの機能を搭載したCRMアプリケーション。業務を担当する人すべてが一元管理された顧客情報を活用、それぞれの顧客接点において最適な対応・サービスを実現するためのシステムとなっています。

顧客情報を活かした主体的アクションが可能に

SAP CRMは、既存システムとのスムーズな連動により、すべての顧客管理データを蓄積。マーケティング・営業プロセス・アフターサービスプロセスに至るまで、顧客ライフサイクル全体を一元管理することが可能となります。また、顧客データだけでなく売上・商品データなどとも連携し、ナレッジの活用を促進。顧客対応力が強化され主体的にアクションを起こせるようになり、企業競争力のアップにも繋がります。

リアルタイムでの情報共有

SAP CRMを導入すると、最新の顧客情報をリアルタイムで共有することが可能。企業全体がいつでも情報を閲覧できるようになるため、スピーディーな営業戦略立案・実践ができるようになります。また、営業活動・アフターサービス活動と連動して必要な資料・伝票が自動作成されるなど、業務の省略可が図れるのもメリットです。

SAP(エスエイピー)のCRM製品の評判

導入前の課題

総合エンジニアリングメーカーでの導入例。案件の管理を主にExcelで行っていましたが、案件数・レポート作成作業数の増加に伴い、社員の負担増が課題となっていました。また、リアルタイムで情報共有ができず、営業活動が後手後手に回っていたのも問題として挙げられます。

案件管理・レポート作成などが自動となり、負荷が軽減

SAP CRMを導入したことにより、案件などの情報入力・レポート作成が自動でできるようになり、社員の負担が大幅に軽減しました。また、すべての情報を紐づけて一元管理できるようになり、リアルタイムで共有できるようになったのも収穫です。現在だけでなく過去の顧客情報を踏まえた営業活動・顧客対応ができるようになり、業績の向上も期待されています。

>>SAP CRMは選ばれた?最強のCRMシステム厳選リストを見る

SAP(エスエイピー)の基本情報

  • 会社名:SAPジャパン株式会社
  • 所在地:東京都千代田区麹町1-6-4 SAPジャパンビル(本社)
貴社の経営を左右する CRMシステム特集
貴社の経営を左右する CRMシステム特集