FUETREC(フュートレック)

便利で使いやすい商品をつくるFUETREC(フュートレック)とは?

FUETREC(フュートレック)は、ビジネスにおけるコミュニケーションを支援する目的で、さまざまなシステムを開発している会社です。CRMの他にも、音声認識・音声翻訳、映像展示システムなどを提供。「社会の変化に適応した、便利で簡単に使える商品を作り続ける」という経営理念を持っており、今の社会が求めているシステムを次々と開発しています。

ここでは、そんなFUETREC(フュートレック)が提供するCRMシステム「Visionary」の特徴と機能についてまとめました。

FUETREC公式サイト
【引用元】FUETREC(フュートレック)公式サイト(http://www.fuetrek.co.jp/)

FUETREC(フュートレック)のCRM製品

VISIONARY

FUETREC(フュートレック)では、使いやすさを重視したCRMシステム「Visionary」を提供しています。アパレルやホテルチェーンをはじめ、200社以上の企業がVisionaryを導入。消費者をクライアントとするBtoCはもちろん、企業をクライアントとするBtoBにも対応しています。

Visionaryでは、受付のPOSシステムやEC(オンライン店)と連携して行動履歴を記録し、顧客のニーズを見える化するソリューションを展開。さまざまな顧客一人ひとりの属性に合わせたマーケティングができます。

直感的で使いやすいシステム

顧客管理システムとしてのユーザビリティが高いことで知られるVisionary。POSシステムとECが連携しているので、来店の時間帯や購買履歴をもとに、顧客が知りたいと思う情報を提供し、リピートに繋げることが可能です。

タブレットに顧客情報を表示することができるので、より顧客のニーズに沿ったサービスを提供できます。

実店舗とECを持つ企業に適したソリューション

オンラインの情報が現実の購買活動に影響を与えるような施策のことをO2Oといいます。Visionaryは、実店舗とECを両方持ち、顧客一人ひとりのレビューを収集してマーケティングに活かしたいと考えている企業に適したCRMです。

FUETREC(フュートレック)のCRM製品の評判

導入前の課題

会員登録時のメンバーズカードの発行は、申込書を元に手作業で情報を入力していました。また、カード発行時にメールアドレスの登録ができなかったため、再度メルマガ会員を再度募集するという二度手間に。結果、メルマガの登録数が少なかったのが課題でした。

課題であった受付業務が改善

メンバーズカードを発行するのではなく、IC機能つきのモバイル端末を会員証にするサービスを展開しました。申込書が不要になったため会員登録のペーパーレス化が実現。ほとんどの方が持っているモバイル端末を会員証にしたことで、会員登録数が増えました。また、情報を転記する必要がなくなったため受付業務の負担が軽減され、接客サービスに力を入れることができるようになりました。

>>VISIONARYの実力は?最強のCRMシステム徹底比較を見る

FUETREC(フュートレック)の基本情報

  • 会社名:株式会社フュートレック
  • 所在地:大阪府大阪市淀川区西中島6-1-1 新大阪プライムタワー18F

本当に必要な機能をすべて揃える!
優秀なCRMシステム2選

  • EMOROCO

    オススメ度:★★★★★

    • 顧客管理システム

    • 営業支援システム

    • マーケティングオート
      メーション

    • CTIシステム

    • メール配信・メルマガ
      配信システム

    • アフターサービス
      管理システム

    人工知能で顧客の潜在的な欲求に応える

    Microsoft社のDynamics 365をベースに、人工知能(AI)を搭載した世界初のCRMシステム。顧客の感情や性格まで分析し、個々の顧客向けにカスタマイズしたサービスを提供することができます。

    エモロコ公式サイトで
    詳しく見る
  • Dynamics 365

    オススメ度:★★★☆☆

    • 顧客管理システム

    • 営業支援システム

    • マーケティングオート
      メーション

    • CTIシステム

    • メール配信・メルマガ
      配信システム

    • アフターサービス
      管理システム

    市場に合わせて開発・改修に即応可能

    CRM(顧客関係管理)とERP(受注・販売管理)を統合したMicrosoft社によるプラットフォーム型CRM。ゼロからの新規開発=スクラッチ開発を伴わずに、市場の変化に合わせて改修を加えることができます。

    Dynamics 365公式サイトで
    詳しく見る
貴社の経営を左右する CRMシステム特集
貴社の経営を左右する CRMシステム特集