フリーウェイジャパン

無料で業務系クラウドシステムを提供するフリーウェイジャパンとは

フリーウェイジャパンは、顧客管理ソフトをはじめ会計や税務申告、勤怠管理、販売管理、給与計算などのアプリケーションを提供している企業。2011年には、会計事務所と国内中小企業の活性化を目的とする「フリーウェイプロジェクト」を発表しました。会計ソフトをはじめとする業務系クラウドシステムを中小企業に無料で提供し、ITコストの負担を軽減して日本経済活性化に力を入れています。ここでは、そんなフリーウェイジャパンの顧客管理システムである「フリーウェイ顧客管理」のシステムの特徴をご紹介します。

フリーウェイジャパン公式サイト
【引用元】フリーウェイジャパン公式サイト(http://freeway-japan.com/)

フリーウェイジャパンのCRM製品

フリーウェイ顧客管理

フリーウェイジャパンが提供している「フリーウェイ顧客管理」は、無料ではじめることができるクラウド型顧客管理システムです。無料版のプランに関しては利用期限が無制限。それに加えて3人までデータを共有することができます。利用するにはGoogleのアカウントが必要になりますが、スマートフォンやタブレットからもアクセスでき検索や表示を行なえるので、利便性の高い製品です。

有料版の場合、月額2,980円で利用可能。利用期間は1年ごとの更新となっており、データを共有できるユーザー数は4人以上、データ容量も1GBから利用できます。非常に高性能で安全性が高いGoogleサーバを利用しているため、安心して使用できますよ。

簡単な操作で顧客管理システムが使用できる

フリーウェイ顧客管理の特徴の一つは、サーバやデータベースの設定といった難しい専門的な知識がなくても利用できる点です。フリーウェイ顧客管理システムは、誰でも直感的な操作で簡単に自社専用のデータベースを作成することができます。

各テーブルのレイアウトや管理項目を自由にカスタマイズしたり設定したりできるので、顧客管理だけでなく、商品や業務で使用する備品などもシステムで管理することが可能。性別や年代ごとに需要のある商品を把握することができるので、マーケティングでも活用できます。

データ共有や複数のデータベースを呼び出すことが可能

設計してから約1時間で使用できるシステムを目指しているフリーウェイ顧客管理。今まで使用していたCSVデータやExcelデータを、データベースに取り込むことができます。クラウド型のシステムのため、共有する相手のメールアドレスを入れるだけでデータを共有することが可能。無料版では3人まで、有料版では4人からデータを共有できます。

フリーウェイ顧客管理は、一般的な顧客管理システムではできなかった一画面で複数のデータベースを呼び出せるのが特徴。一つのデータを閲覧しながらほかのデータに入力・訂正する作業が行なえます。そのため、顧客データを見ながらリストを作成することも可能。業務精度や作業効率向上が期待できそうです。

フリーウェイジャパンのCRM製品の評判

フリーウェイ顧客管理を導入した事例は確認できませんでした。

>>フリーウェイ顧客管理の実力は?最強のCRMシステム徹底比較を見る

フリーウェイジャパンの基本情報

  • 会社名:株式会社フリーウェイジャパン
  • 所在地:東京都千代田区神田須田町2-8 ASKビル7F(本社)

本当に必要な機能をすべて揃える!
優秀なCRMシステム2選

  • EMOROCO

    オススメ度:★★★★★

    • 顧客管理システム

    • 営業支援システム

    • マーケティングオート
      メーション

    • CTIシステム

    • メール配信・メルマガ
      配信システム

    • アフターサービス
      管理システム

    人工知能で顧客の潜在的な欲求に応える

    Microsoft社のDynamics 365をベースに、人工知能(AI)を搭載した世界初のCRMシステム。顧客の感情や性格まで分析し、個々の顧客向けにカスタマイズしたサービスを提供することができます。

    エモロコ公式サイトで
    詳しく見る
  • Dynamics 365

    オススメ度:★★★☆☆

    • 顧客管理システム

    • 営業支援システム

    • マーケティングオート
      メーション

    • CTIシステム

    • メール配信・メルマガ
      配信システム

    • アフターサービス
      管理システム

    市場に合わせて開発・改修に即応可能

    CRM(顧客関係管理)とERP(受注・販売管理)を統合したMicrosoft社によるプラットフォーム型CRM。ゼロからの新規開発=スクラッチ開発を伴わずに、市場の変化に合わせて改修を加えることができます。

    Dynamics 365公式サイトで
    詳しく見る
貴社の経営を左右する CRMシステム特集
貴社の経営を左右する CRMシステム特集