Artisan(アーティサン)

CRMのリーディングカンパニー・アーティサンとは?

Artisan(アーティサン)は、元マイクロソフト製品担当が率いるCRMのリーディングカンパニーとして名高い企業。CRMに関する確かな知識とノウハウをもとに、Microsoft Dynamics CRMにおけるワンストップ導入支援・アセスメントやトレーニング等の各種サービスを提供しています。ここではそんなアーティサンの提供するCRMシステム「EMOROCO」の特徴や機能、導入事例をまとめました。

アーティサン公式サイト
【引用元】アーティサン公式サイト(http://artisan.jp.net/)

Artisan(アーティサン)のCRM製品

「EMOROCO(エモロコ)」

EMOROCOは、EMOtional Analysis(感情分析)・RObot(ロボット)・COgnitive(人工知能)の各機能を搭載したアーティサンのCRMソリューションです。マーケティング・営業・カスタマーサービスなどで使える豊富な機能を標準装備している統合型CRMソリューション(プラットフォーム型CRM)であるため、企業全体でも部署単位でも柔軟に対応できます。

顧客接点すべてを管理できるプラットフォーム型CRM

EMOROCOは、Microsoft Dynamics CRMをベースに開発された「統合型CRMソリューション(プラットフォーム型CRM)」。企業活動におけるすべての顧客接点を一元化・管理できる、唯一のCRMシステムとなっています。Microsoft Dynamicsのすべての機能(SFA・サービス・マーケティングなど)をパーソナライズデータが管理できるようにし、Azure Machine Learning(機械学習基盤サービス)を活用した学習データベースによって顧客のパーソナライズ化を実施。それぞれの顧客に適した商品・サービスを効率よく提供して満足度を高め、長期的な収益の向上を図ります。

人工知能で顧客の「感情」まで分析する次世代型CRM

EMOROCOは、世界で初めてサービスに特化したAI(人工知能)を搭載したCRM製品。AIによって顧客の感情(心)を“見える化”することで、より高精度な顧客サービスの提供を可能としています。EMOROCOでは、蓄積された顧客情報からAIのアルゴリズムを用いて感情・性格まで含めたプロファイリングを実施。顧客が潜在的に望んでいるサービスを提供するなど、日本が誇る「おもてなし」をITで実現することができます。また、AIは学習するほどに精度が高まる自己進化型のシステム。企業の成長とともに、よりハイレベルなサービス提供が可能となります。

市場の変化に合わせて容易にカスタマイズ可能

EMOROCOは、全体最適化ができるプラットフォーム型CRM(xRM)。市場の変化に即対応でき、柔軟に形を変えられるのがメリットです。項目を追加したい・プロセスを変えたいといったニーズにも、CRMシステムを走らせながら対応可能。その手段もドラッグ&ドロップといった直感的な操作であるため、誰でも容易にカスタマイズできます。

EMOROCOの使い方

初めてを導入しようと思った際に気になるのが使い方に関することです。ですが、使い方は非常に簡単。人工知能を搭載していることもあり、ただのCRMとしてだけでなく、お客さんの感情や希望を理解したり、どのようなサービスを求めているのかなども詳しく解析できます。

様々な機能が搭載されているため、各企業の理想に合わせて利用できるのは大きな魅力です。例えば、「どのようにしてお客さんを満足させるか?」というのは非常に大きな問題ですよね。一人ひとりのニーズに合わせて対応を変化させるのは簡単なことではありません。ですが、そういったときにもEMOROCOが役立ってくれるのです。

例えば、顧客情報について把握しにくいような飲食業界だったとしてもEMOROCOを活用して顧客管理を実施したところ、なぜとあるタイミングでお客さんが増えるのか、どのタイミングで使用すれば良いのかなどもわかるようになります。

インバウンドでは顧客情報の登録、更新ができますし、応対の記録については電話、メール、WEBサイトと連動することができます。キャンペーン管理などにも対応しているので、自分たちにとって理想的な使い方について検討してみてはどうでしょうか。

Dynamics 365

Dynamics 365は全世界的にみても豊富な導入実績を持っています。カスタムズ機能が豊富であるため、より自社にとって最適な形で利用できるのではないでしょうか。

大きな魅力ともいえるのがMicrosoft Officeと組み合わせて使うのにも使いやすいということ。マイクロソフトが提供しているCRMということもあり、画面デザインや操作性はWindowsと共通となっており、非常に使いやすいのが魅力です。

Microsoft Officeと組み合わせて使える

ソフトによってはナビゲーションがわかりにくいものもありますが、こちらはそういった心配もほぼありません。新たなCRMを導入した際に多くの研修時間を取らなくても理解できるはずなので、そういった時間も削減できるのが魅力だといえるでしょう。

Microsoft Officeと連携させるシステムが整っていて、例えばOutlookの場合は予定表、Eメール、連絡先といった情報をDynamics 365に同期させ、二重入力の手間を抑えることも可能です。レポートを作成する際にはExcelが便利ですし、Wordと連携させることも可能。現在マイクロソフトの製品を利用している場合、それをうまく活用しながら更に利用の便利さを高めていくことができます。

もちろん、単体でも優れた機能を持っているため、他のマイクロソフトの製品もそろっていなければ優れたパフォーマンスを発揮できないといった心配もありません。

クラウドだけでなく、自社設置型も選択可能

大きな特徴として挙げられるのが、Dynamics 365はクラウド型だけでなく、導入する際に自社設置型も選択できるということ。企業によっては、絶対にクラウド型!というケースもあれば、自社設置型を選びたい…と思っているところもあるでしょう。

これまでは企業の理想に沿ったシステムを選ばなければなりませんでしたが、Dynamics 365であればどちらも選択可能であるため、好きな方を選ぶことができます。中には、最初はクラウド型として導入したいと思っているものの、将来的にはもしかしたら自社設置型にしたいと思うこともあるかもしれない…。
という方もいますよね。

そういった場合でもしっかり対応してもらえます。

実際に、好きな導入方法を選ぶことができるといった理由でDynamics 365に決めた方もいるようです。

Dynamics 365の使い方

Office 365と連携した操作ができます。情報の共有が可能となっているため、ぜひ活用してみましょう。この機能を使うことによって様々な人やチームと情報を共有することができるようになるため、とても便利です。業務を行う上では複数人で情報のやりとりをすることもありますが、初めからOffice 365連携をした場合に使いやすいように作られているわけなので、より生産性を高めることができるでしょう。

基本的な使い方としては、例えばホームに戻るページは自分で好きなページを設定できたりと、細かい点での使いやすさにもこだわっているのが特徴です。アクティブな取引先企業についてもチェックしておくことができますし、イメージ画像の挿入機能なども備わっています。

30日間の無料試用期間も用意されているため、まずはそちらから試してみてはどうでしょうか。使う心地なども把握できるはずです。もともとDynamics CRMをしていた方であれば多少デザインの違いはあるものの、使い方において特に難しいと感じることはないはず。

Dynamics 365にはExchange OnlineやSharePoint Online、Skype for Businessだけでなく、TeamsやYammerといったものがあるだけでなく、コミュニケーションやコラボレーションを分析する役割を持ったMyAnalyticsという機能も備わっているので、活用してみてください。

Artisan(アーティサン)のCRM製品の評判

導入前の課題

大手飲食チェーンでの導入事例。店舗に関する情報共有の仕組みが不足しており、スーパーバイザー(SV)の業務負荷が大きくなっているのが悩み。店舗巡回・情報収集などの業務に時間がかかり、データの集計に2週間を要することもありました。

SV業務の効率化を実現

プラットフォーム型CRMの導入で、店舗情報の確認作業を省略することができるようになりました。SVの業務がスピーディーになっただけでなく、データを入力後すぐに情報を共有できるようになったのも大きな収穫ですね。集計に2週間かかっていたデータも、なんとリアルタイムで共有できるようになりました。社外からでもデータにアクセスすることが容易なので、社員全員が必要な時に必要なデータを確認できて助かっています。

>>EMOROCOの実力は?最強のCRMシステム徹底比較を見る

Artisan(アーティサン)の基本情報

  • 会社名:アーティサン株式会社(Artisan Inc.)
  • 所在地:東京都調布市多摩川5-13-3 サニーコート1F(東京本社)

CRM乗り換えの注意点

新しくCRMを切り替える際には注意が必要です。業務にどんな影響を与えるかを予測して、それに対応する施策をあらかじめ考えておくことをおススメします。
そこでここでは、CRM乗り換えの際に注意すべきポイントを詳しくご紹介していきたいと思います。

従業員のITリテラシーに問題はないか

ITリテラシーとは何かというと、これはインターネットやソフトウェアを使うための能力のことです。近年、若い人=インターネットやパソコンに強いといったイメージが定着していますよね。ですが、若い人ならば100%そうとはいいきれません。 中にはパソコンやソフトウェアの利用にあまり慣れておらず、CRMを使いこなすのに苦戦してしまう人もいて、可能性があります。

「現在利用しているCRMについてやっと慣れてきたのに、ここでまた切り替えをするのか…」といった不満に繋がってしまう恐れもあるでしょう。多くの従業員のうち、ITリテラシーが低いのがほんの数人程度であれば得意な人に指導をお願いするなどして、スムーズに乗り換えること自体は不可能ではありません。

ですが、ITリテラシーの低い従業員がたくさんいる場合、それだけ乗り換え完了までにかかる時間が長くなるほか、操作に慣れずに思わぬミスをしてしまうような心配も出てきます。ITリテラシーが低い社員が多数いる場合は、それをカバーできるのか?についても考えておかなければなりません。

ただ、現在使っているCRMが使いにくいなどの理由で操作に問題が起きている可能性もあるので、そういった場合はITリテラシーが低い社員でも使いこなせるようなCRMを選ぶことによって良い方向に働く可能性も高いです。EMOROCOは使い勝手もよく、そういった意味でも安心できます。

データの引き継ぎに問題はないか

現在使っているCRMには、様々なデータが保管されていることでしょう。新しいCRMに切り替えようと思った時に、そのデータをすべて手作業で移すのは大変なことです。そのため、現在使っているCRMからスムーズに引き継ぎができるかどうかよく確認しておかなければなりません。

引き継ぎ機能がないのであれば手動で行えば良いのでは?と思うかもしれませんが、手間がかかるだけでなく、データを入力している最中に誤った情報を入力する可能性もあるのでおすすめはできません。

各CRMでデータの移行しやすいように取り組みを行っていますが、詳細についてよくわからない場合はサポートチームに連絡をすると丁寧に教えてくれるはずなので、心配いらないでしょう。

EMOROCO・Dynamics 365に関するデータ移行の詳細については確認できませんでしたが、特別な機能をたくさん備えているCRMということもあり、移行しやすいシステムが整えられていると予想できます。

引き継がなければならないデータの量が多ければ多いほど手動でのデータ移行は大変になっていくので、いざCRMを乗り換えてからデータ移行が大変だったといったことがないように、事前に確認しておいたほうが安心できるでしょう。

本当に必要な機能をすべて揃える!
優秀なCRMシステム2選

  • EMOROCO

    オススメ度:★★★★★

    • 顧客管理システム

    • 営業支援システム

    • マーケティングオート
      メーション

    • CTIシステム

    • メール配信・メルマガ
      配信システム

    • アフターサービス
      管理システム

    人工知能で顧客の潜在的な欲求に応える

    Microsoft社のDynamics 365をベースに、人工知能(AI)を搭載した世界初のCRMシステム。顧客の感情や性格まで分析し、個々の顧客向けにカスタマイズしたサービスを提供することができます。

    エモロコ公式サイトで
    詳しく見る
  • Dynamics 365

    オススメ度:★★★☆☆

    • 顧客管理システム

    • 営業支援システム

    • マーケティングオート
      メーション

    • CTIシステム

    • メール配信・メルマガ
      配信システム

    • アフターサービス
      管理システム

    市場に合わせて開発・改修に即応可能

    CRM(顧客関係管理)とERP(受注・販売管理)を統合したMicrosoft社によるプラットフォーム型CRM。ゼロからの新規開発=スクラッチ開発を伴わずに、市場の変化に合わせて改修を加えることができます。

    Dynamics 365公式サイトで
    詳しく見る
貴社の経営を左右する CRMシステム特集
貴社の経営を左右する CRMシステム特集