営業支援システム

営業支援システム(SFA)の特徴と機能についてまとめました。

SFA(営業支援)システム3選

営業支援システムとは、営業活動の支援・営業プロセスの効率化を図るツールの総称。Sales Force Automation(セールス・フォース・オートメーション)を略し、SFAとも呼ばれます。ここでは評判の高いSFAを3製品ピックアップし、それぞれの特徴や機能について解説していきます。

Sales Cloud

Sales Cloudは、セールスフォース・ドットコムが提供するクラウド型の営業支援システム。取引先との商談管理(成立支援)・顧客管理といった社内外コラボレーションを、マルチデバイスで行うことができます。Sales Cloudの営業コンソールは、1画面ですべてのデータを確認できるのが特徴。企業情報・営業データ・見込み客の情報をスピーディーにチェックでき、効率的に業務を進められるようになります。

  • 料金プラン:Lightning Professional(9,000円/月)・Lightning Enterprise(18,000円/月)・Lightning Unlimited(36,000円/月)
  • 機能:顧客管理・案件管理・見込み管理・マーケティング支援・ワークフロー・内勤営業用コンソール・ファイルの同期と共有など
  • 提供形態:クラウド

Knowledge Suite

Knowledge Suite(ナレッジスイート)は、SFA・CRM・グループウェアの機能を連動させた統合ビジネスアプリケーション。営業報告・顧客管理・スケジュール機能・問い合わせ管理機能などが連動しており、すべての情報を一元管理できるのが特徴。3ステップで営業日報を入力できる有益なSFAデータを蓄積、分析機能でより戦略的な営業活動が可能となります。

  • 料金プラン:グループウェア(6,000円/月)・スタンダード(50,000円/月)・プロフェッショナル(80,000円/月)
  • 機能:顧客管理機能・商談管理機能・集計分析機能・問い合わせ管理など
  • 提供形態:クラウド・SaaS

FlexCRM

FlexCRM (フレックスシーアールエム)は、中小企業・部門単位での導入に適した国産CRMクラウドサービス。ターゲットの新規開拓→リード管理→顧客管理という流れで、企業と顧客の関係性を管理できる基本構成となっています。営業支援・日報・マーケティング・カスタマーサポートといった機能が充実しており、使用したいメニューを選択するだけで企業ごとの営業支援ポータルが完成するのも◎。

  • 料金プラン:ライト(1ユーザあたり1,500円/月)・スタンダード(1ユーザあたり3,000円/月)
  • 機能:顧客管理・購入履歴・日報・カスタマーサポート・マーケティング・分析・情報共有など
  • 提供形態:クラウド

SFA(営業支援)システムとは

営業支援システムとは、企業の営業活動をサポートし、営業プロセスの効率化を図るツールの総称。主にBtoB(企業間取引)の営業管理を行うために開発されたシステムで、SFA(Sales Force Automation)とも呼ばれます。

営業支援システムの目的は、営業活動の付加価値を高めると共に、営業活動の売り上げを継続的にアップさせること。そのために必要な顧客データ・案件の進捗状況などを管理・共有できるデータベースを構築、営業の生産性を高めていきます。

【SFA(営業支援)システムがカバーできる範囲】

案件管理
案件の進捗状況を管理するための機能。案件に対してどのような活動が行われたのかを管理し、組織全体で共有することができます。

顧客管理
顧客に関する情報を管理する機能。顧客情報と案件の情報が関連付けられることにより、情報の活用性・再利用性の向上が期待できます。

グループウェア機能
スケジュールやドキュメントをチーム内で管理・共有する機能。ドキュメント管理では、営業資料・プレゼン資料・見積もりなどのデータを共有できます。

レポート機能
営業活動や案件管理の情報を登録し、集計を行うアプリケーション。売り上げなどのグラフ・レポートなども簡単に作成でき、営業活動の状況を分かりやすく可視化できます。

自動日報機能
決められた項目に営業活動内容を入力することで、日報を作成できる機能。顧客管理や案件管理と紐づけて、その後の活動に活かすこともできます。

SFA(営業支援)システム=CRMシステムではない

SFAとは営業支援システム、CRMとは顧客管理関係すべてを管理するシステムのこと。日本ではどちらも「CRM」として呼ばれることがありますが、その機能は異なるものです。

SFAは営業支援に特化したシステムで、売り上げの最大化が目的。各営業プロセスを繋ぐことで効率化を図り、営業力を強化していくものです。一方、CRMは顧客情報だけでなく、その接点すべてを管理するもの。顧客の購買目的といった行動・志向・ニーズなどをトータルで管理・共有し、情報を分析して顧客満足度を高めていきます。

という具合にSFAとCRMは異なるシステムではありますが、売り上げの最大化には顧客満足度の向上が必須。つまり、SFAをしっかりと機能させるには、CRMが必要不可欠なのです。そのため、現在では顧客管理と営業支援を一元的に管理できるプラットフォーム型CRMが主流となってきています。

>>いま、本当に企業に求められるべきCRMシステムとは?

本当に必要な機能をすべて揃える!
優秀なCRMシステム2選

  • EMOROCO

    • 顧客管理システム

    • 営業支援システム

    • マーケティングオート
      メーション

    • CTIシステム

    • メール配信・メルマガ
      配信システム

    • アフターサービス
      管理システム

    人工知能で顧客の潜在的な欲求に応える

    Microsoft社のDynamics 365をベースに、人工知能(AI)を搭載した世界初のCRMシステム。顧客の感情や性格まで分析し、個々の顧客向けにカスタマイズしたサービスを提供することができます。

    公式サイトで詳しく見る
  • Dynamics 365

    • 顧客管理システム

    • 営業支援システム

    • マーケティングオート
      メーション

    • CTIシステム

    • メール配信・メルマガ
      配信システム

    • アフターサービス
      管理システム

    市場に合わせて開発・改修に即応可能

    CRM(顧客関係管理)とERP(受注・販売管理)を統合したMicrosoft社によるプラットフォーム型CRM。ゼロからの新規開発=スクラッチ開発を伴わずに、市場の変化に合わせて改修を加えることができます。

    公式サイトで詳しく見る
貴社の経営を左右する CRMシステム特集