メール配信・メールマガジン配信システム

メール配信・メールマガジン配信システムの主な機能と、CRMシステムとの違いについて解説しています。

メール配信・メールマガジン配信システム3選

メール配信システムとは、メールマガジン・セール情報などを一斉配信できるシステム。有効な営業ツールの1つとして、さまざまな企業に導入されています。ここではそんなメール配信システムを3つ厳選し、それぞれの特徴についてまとめてみました。

Synergy!

Synergy!は、ビジネスに必要な機能だけを厳選したクラウドベースの国産CRM。メール配信機能では、Webページのアクセス・クリックといった顧客のアクションを起点にメール配信を行うリターゲティングメール機能を提供。効率よく高い成果を得るためのメールマーケティングをサポートします。送りすぎ防止・配信時間帯の制御など、日本の環境に合わせた機能が充実しているのも特徴。

  • 料金プラン:10,000円~/月(メール配信のみ・初期費用30,000円)
  • ※基本機能の初期費用118,000円・月額利用料15,000円~が必要
  • 機能:メール配信・リターゲティング機能・データベース構築・分析・アンケート・問い合わせ管理など
  • 提供形態:クラウド

KREISEL

KREISEL(クライゼル)は、顧客管理・メール配信・フォーム作成といった機能を簡単に利用できるクラウド型CRMツール。とくにメール配信機能が充実しており、データベース数・メール配信数・フォーム作成数は制限なし。PC・モバイルともにスピーディーで安定した一斉送信メールを実現します。また、メールの有効配信数・開封数・エラー数・URLクリック数なども細かく分析可能。効果を測定し、次のアクションへと繋げられます。

  • 料金プラン:要問い合わせ
  • 機能:大量メール配信・デコメール配信・ステップメール配信・スマホ向けメール配信・メール効果測定機能など
  • 提供形態:クラウド

Mail Publisher

Mail Publisherは、自社開発のメール配信エンジン・高精度エラー解析モジュールを持つハイスペックなメール配信ソリューションです。PC向けのメール配信はもちろん、モバイルに向けた高速メール配信も実現。配信遅延・不達の原因となるエラーメールを自動的に処理、ISPやモバイルキャリアによる受診ブロックを回避することも可能です。

  • 料金プラン:50,000円/月(保有会員数2万人、週1回配信の場合)
  • 機能:予約配信・デコメ配信・多言語対応・DKIM(送信ドメイン認証)・エラー解析&フィルタリング・配信時間帯制御など
  • 提供形態:クラウド

メール配信・メールマガジン配信システムとは

メール配信システムとは、自社の顧客情報をもとに、メルマガやキャンペーン・セールスメールといった大量のメールを一括配信するシステム。PC向けはもちろん、スマートフォン・携帯・各種タブレット端末にも対応しており、さまざまなメールを簡単に作成・配信することができます。

メール配信システムは、目的に合った機能を持っているものを選ぶことが大切。大量の顧客にメール配信したい場合はサーバの安定性、自動で顧客のフォローを行いたい場合はステップメール機能が必要となってきます。使いやすさ・セキュリティ面・将来的な拡張性なども考慮しつつ、総合的に満足できるメール配信システムを選ぶようにしましょう。

【メール配信・メールマガジン配信システムがカバーできる範囲】

メール一斉送信機能
顧客情報を利用し、メールを大量に一斉配信できる機能。すべての宛先に「To」で送信できるため、個別に送られたメールのようになります。

ステップメール配信
あらかじめ設定したメールをスケジュールごとに配信する機能。顧客の状況やアクションに応じて自動でフォローアップができるため、顧客育成・購買意欲の促進などの向上に繋がります。

HTMLメール作成・送信
画像データなどを用いたHTMLメールを簡単に作成でき、送信できる機能。テキストのみのメールより読みやすくてインパクトがあり、内容説明の具体性も高まります。

ターゲット別配信機能
年齢・性別・出身地など、特定のターゲットに向けてメールを配信する機能。より適切なメッセージを送付することができ、顧客の関心度も高まります。

レポート管理機能
送信したメールの有効配信数・開封数・エラー数・URLクリック数などを確認できる機能。データを参考に、次の行動へと繋げられます。

メール配信・メールマガジン配信システム=CRMシステムではない

メール配信システムは、顧客情報(氏名・住所・性別など)を利用して、メールマガジンなどのメールを一斉配信できるシステムです。企業が顧客獲得・満足度向上のためにメールを利用することは多くなっていますが、より高い効果を得るためには顧客との接点すべてを管理できるシステム(全体最適化CRM)が必要となります。

ちなみに、メール配信システムは全体最適化CRMの機能の1つ。全体最適化CRMにはメール配信をはじめ、マーケティング・営業支援といったすべての機能が包括されているため、顧客との接点すべてを管理しつつ効率よく的確にメール配信ができるようになるのです。

いま、本当に企業に求められるべきCRMシステムとは?

本当に必要な機能をすべて揃える!
優秀なCRMシステム2選

  • EMOROCO

    • 顧客管理システム

    • 営業支援システム

    • マーケティングオート
      メーション

    • CTIシステム

    • メール配信・メルマガ
      配信システム

    • アフターサービス
      管理システム

    人工知能で顧客の潜在的な欲求に応える

    Microsoft社のDynamics 365をベースに、人工知能(AI)を搭載した世界初のCRMシステム。顧客の感情や性格まで分析し、個々の顧客向けにカスタマイズしたサービスを提供することができます。

    公式サイトで詳しく見る
  • Dynamics 365

    • 顧客管理システム

    • 営業支援システム

    • マーケティングオート
      メーション

    • CTIシステム

    • メール配信・メルマガ
      配信システム

    • アフターサービス
      管理システム

    市場に合わせて開発・改修に即応可能

    CRM(顧客関係管理)とERP(受注・販売管理)を統合したMicrosoft社によるプラットフォーム型CRM。ゼロからの新規開発=スクラッチ開発を伴わずに、市場の変化に合わせて改修を加えることができます。

    公式サイトで詳しく見る
貴社の経営を左右する CRMシステム特集