アフターサービス管理システム

アフターサービス管理サービスでできることや、CRMシステムとの違いについてまとめました。

アフターサービス管理システムはこれだけ!?

Microsoft Dynamics 365(旧:Microsoft Dynamics CRM)

Microsoft Dynamics 365(通称・ダイナミクスCRM)は、顧客とのファーストコンタクトからアフターサービスまで、顧客関係にまつわるすべてを管理できる統合CRMアプリケーション。アフターサービス管理までできるCRMは、現在のところダイナミクスCRMのみとなっています。

ダイナミクスCRMのフィールドサービス機能では、CRMの機能を拡張して完全なフィールドサービス管理ソリューションを提供。スケジューリングの最適化・サービス契約管理・在庫管理・モバイル機能・分析機能などが含まれています。

なお、Microsoft社のパートナー企業によって開発されたダイナミクスCRMをベースとするCRM製品にも、アフターサービス管理の機能を持つ優秀な製品があります。アフターサービス管理システムの企業への導入を検討されている方は、ぜひそうした製品にも注目してみてください。

アフターサービス管理システムとは

さまざまなところから発生するアフターサービス業務は、業務や部署ごとにバラバラに管理されていることが一般的です。アフターサービス管理システムは、そんなアフターサービスにまつわる業務を一元化。一貫したサポートを実現するシステムとなっています。

アフターサービス管理システムでは、顧客やサービス対象を中心に作業内容(修理・定期点検・リコール通達など)をトータル管理。顧客情報と連動してサービスを効率よく提供したり、顧客満足度の向上を目指します。

【アフターサービス管理システムがカバーできる範囲】

スケジュール管理の最適化
サービス担当者・訪問予定のスケジュールを自動作成するツール。1日の訪問予定を、漏れなく・効率よく進めることができます。

サービス契約・管理
定期訪問・契約・製品情報・保証など、すべての顧客とサービス契約をスムーズに管理することが可能。フィールドサービス管理ツールにより保守サービスの提供向上を実現、収益アップの方策を見つけることもできます。

在庫管理
倉庫・貯蔵庫・トラックなど、さまざまな場所にある在庫の管理を実現。リアルタイムで情報が更新されるためデータは常に正確、適切な予測を行って不良償却を減らすことができます。

予防保全
問題が起こる前に製品・備品の管理をチェック、定期的な作業指示書を自動作成する機能です。

アフターサービス管理システム=CRMシステムではない

アフターサービス管理システムをCRMとしてとらえていることもありますが、CRMとは単に顧客情報を蓄積・管理するためのものではありません。多様化し続ける顧客のニーズをしっかりと把握し、それに対して的確な対応を施していくためのシステムとなります。

CRMと連動していないアフターサービス管理システムもありますが、これでは顧客情報(氏名・住所・購入履歴など)とリンクすることしかできず、せっかく蓄積したデータ・経験を顧客との関係性構築に活かすことができません。

顧客満足度を高めるためのアフターサービスに顧客情報の把握は必須。そのためには、アフターサービス管理まで包括した全体最適化できるCRM、プラットフォーム型CRMが必要であると言えるでしょう。

いま、本当に企業に求められるべきCRMシステムとは?

本当に必要な機能をすべて揃える!
優秀なCRMシステム2選

  • EMOROCO

    • 顧客管理システム

    • 営業支援システム

    • マーケティングオート
      メーション

    • CTIシステム

    • メール配信・メルマガ
      配信システム

    • アフターサービス
      管理システム

    人工知能で顧客の潜在的な欲求に応える

    Microsoft社のDynamics 365をベースに、人工知能(AI)を搭載した世界初のCRMシステム。顧客の感情や性格まで分析し、個々の顧客向けにカスタマイズしたサービスを提供することができます。

    公式サイトで詳しく見る
  • Dynamics 365

    • 顧客管理システム

    • 営業支援システム

    • マーケティングオート
      メーション

    • CTIシステム

    • メール配信・メルマガ
      配信システム

    • アフターサービス
      管理システム

    市場に合わせて開発・改修に即応可能

    CRM(顧客関係管理)とERP(受注・販売管理)を統合したMicrosoft社によるプラットフォーム型CRM。ゼロからの新規開発=スクラッチ開発を伴わずに、市場の変化に合わせて改修を加えることができます。

    公式サイトで詳しく見る
貴社の経営を左右する CRMシステム特集