不動産会社

不動産会社におけるCRMの必要性

これまでの不動産業界といえば、チラシや店頭広告での新規顧客獲得がメインとなっていましたが、現在は既存顧客の囲い込みといった戦略に変化。そのために必要な顧客管理が重視されてきており、CRMの導入が進んでいます。

顧客との接点すべてを管理できるCRMでは、顧客情報(氏名・年齢・性別・家族構成・問い合わせ内容など)・営業マンとのやり取りなどの情報をしっかりと把握。1人1人の顧客の情報を深く理解することで、より丁寧で的確な対応・サービスの提供が可能となります。

※たとえば、顧客の希望をCRMに細かく入力することで好みの物件を瞬時に検索、ご案内する など

個々のニーズに合わせたサービスの提供は顧客満足度・信頼性の向上に繋がり、顧客維持率もアップ。既存客の信頼を得ることでその評判が周囲に広まり、新規顧客の獲得も期待できるようになります。

>>CRMを効果的に活用!いま、企業に求められる本当の顧客管理とは?

不動産会社におけるCRMシステム導入事例

不動産会社のCRM導入事例をまとめました。

独自の顧客管理に限界を感じている住宅事業部の事例

導入前の課題

某大手企業の住宅事業部での事例。独自のシステムで顧客管理・物件管理を行っていましたが、データを蓄積するだけで、取り扱う事業の拡大・サービスの多様化に対応しきれていないのが課題。しかし、変化していく業務・サービスに合わせてシステムを回収するのは時間的・コスト的にも難しく、新たなシステム導入が急がれていました。

導入後の改善

蓄積したデータを有効活用できるように

新たなCRMシステムの導入後、過去のデータはもちろん、今後拡大していくであろうデータについても対応可能となりました。さまざまな切り口で蓄積したデータを検索・出力できるようになり、今後の顧客サービス・満足度の向上・競争力の強化にも期待が持てているとのことです。また、他部署とのコラボによる新たな試みについても可能性が広がっています。

社内各部門の連携を急務とする不動産会社の事例

導入前の課題

顧客満足度の高いサービスを提供するために必要な、営業活動・建設・リプランニングといった社内各部門のチームの連携が急務となっていました。しかし、そのために必要な顧客情報を安全かつ効率的に共有できるシステムがなく、ワンストップサービスの実現が遅れていたのが課題です。

導入後の改善

即時的な情報共有で営業活動がスピードアップ

CRMによって各部門のデータを統合したことにより、営業活動の効率性・スピード感がアップしました。モバイルを活用すればどこからでもシステムを利用できるため、すぐに情報の引き出しが可能。記憶が新鮮なうちにお客様からの要望を入力できるようになり、迅速に共有・対応できるようになりました。

CRMの再構築を目指す大手不動産会社の事例

導入前の課題

もともと導入していたCRMは機能が多すぎて使いこなすことができず、本来の機能を発揮させられずにいました。必要なシステムを作成しようにも、専門的な知識が必要となるため手が出せない状態。ユーザー説明会などは随時開催されていましたが、聞いてもなかなか理解しにくく、結局専門のエンジニアを呼んでプログラミングしてもらっていました。

導入後の改善

直感的な使いやすさが現場で好評・業務効率もアップ

新CRMは直感的な操作性で、機械に弱いスタッフでもすぐに使いこなせるように。顧客情報から特定のデータを抽出したり、どこで情報を見て来店したかといった情報を分析し、営業に繋げていけるようにもなりました。操作性だけでなくカスタマイズも容易であるため、新規項目の追加やアプリケーションの作成もスタッフだけで可能。エンジニアにカスタマイズを依頼するコストも削減できました。

貴社の経営を左右する CRMシステム特集
貴社の経営を左右する CRMシステム特集