保険

保険業界におけるCRMの必要性

これまで「商品重視」だった保険業界は、「顧客重視」の販売およびサービスへと形を変えつつあります。顧客から生まれる新たなニーズに対応し、内部連携を強化するためのツールとして注目されているのがCRMシステムです。

CRMで顧客との関係性すべてを管理できれば、顧客が今欲しがっているサービス・今後必要となるサービスを見越して行動を起こすことが可能となります。保険の見直しのタイミング・ライフイベント発生の時期を把握して、適切なタイミングで営業をかけることができれば、顧客満足度も業績のアップも期待できるようになるでしょう。

また、顧客との約束事・契約に至るまでの流れ・クレーム内容といったデータもデジタルで保管・共有可能。情報を共有することでチーム間のフォローがスムーズになったり、業務改善に活かしていくこともできます。

>>CRMを効果的に活用!いま、企業に求められる本当の顧客管理とは?

保険業界におけるCRMシステム導入事例

保険業界のCRM導入事例をまとめました。

情報共有の不十分さが課題となっていた保険会社の事例

導入前の課題

顧客情報の共有が不十分で、担当者が不在の際の問い合わせにすぐ対応できないのが課題。機会ロスや、顧客満足度の低下に繋がる恐れがありました。また、営業マンの活動状況も全体が把握できておらず、見出すべき業務の改善点も埋もれたままとなっていました。

導入後の改善

どのスタッフでも同水準の顧客対応が可能に

顧客情報の一元化・共有化により、担当者がいなくても同水準の顧客対応が可能となりました。また、顧客の購買活動などの分析データをコンテンツに反映させるシステムも構築でき、成約率もアップし続けているとのことです。営業の活動状況についても全スタッフが情報を共有できるようになり、効率よく業務を進めるにはどうしたらいいかを考えられるように。その結果、業務のスリム化が実現し、営業活動により力を入れられるようになりました。

営業活動の見える化が必要とされていた保険会社の事例

導入前の課題

これまでは基幹システムで顧客情報を管理していましたが、見込み客からの資料請求・問い合わせ・保険内容の更新時期など、営業部門が把握する情報を全体で共有できていませんでした。また、代理店側の活動状況を営業部門が把握しづらいのも課題の1つ。企業全体における、営業活動の見える化が必要となっていました。

導入後の改善

情報共有がスムーズになり適切な顧客対応が実現

新しいCRMの導入により、これまで活用しきれなかったデータが統合されました。これによって営業部門が持つ情報を企業全体で共有できるようになり、遅れがちな業務に適切なフォローができるように。また、代理店側の活動状況もリアルタイムで確認でき、営業部門から適切な担当者を任命することも可能となったのです。業務の遅れや顧客の不満解消による、業績の向上が期待されます。

顧客情報を営業活動に活かしきれない保険会社の事例

導入前の課題

営業活動履歴・実績・金融機関情報といったコンテンツを別々の基盤で管理していたため、情報共有をしにくいのが課題。このままではせっかくの顧客情報を営業活動に活かすことができないため、これまでの基盤を1つのシステムに統合することが急務となっていました。

導入後の改善

すべてのコンテンツを1つに統合し、情報の活用が活発に

これまで別々に管理されていたコンテンツをクラウドサービスへ移行、営業支援システムとして統合しました。各種データの連動・一覧表示などが可能となり、1つのシステム上でさまざまな業務ができるようになったのです(各種申請・情報管理・報告業務など)。タブレット端末で社外からのアクセスも可能となり、営業活動・顧客対応などの効率もアップしています。

貴社の経営を左右する CRMシステム特集
貴社の経営を左右する CRMシステム特集