美容室

美容室業界におけるCRMの必要性

顧客の獲得競争が激しい美容院業界においては、利用者のリピート率向上が何より重要。そのためにはスタッフの技術力・設備の充実はもちろんのこと、利用者が「また来たい」と思えるようなサービスの提供が必須となっています。

ここで役に立つのが、顧客情報だけでなく関係性までも管理できるCRMです。CRMでは、顧客の詳細情報(好みのスタイル・性格・来店頻度など)やスタッフとのやり取りを管理・分析することで、利用者が本当に求めているものを明確にすることが可能。顧客の感動を生むような、よりキメの細かいおもてなしができるようになるのです(カスタマーエクスペリエンス)。

CRMによるカスタマーエクスペリエンスの向上は、他サロンとの差別化にも有効。利用者のリピート率を高めるだけでなく、顧客離反の抑制・口コミでの集客効果なども狙えるようになります。

>>CRMを効果的に活用!いま、企業に求められる本当の顧客管理とは?

美容室業界におけるCRMシステム導入事例

美容室におけるCRMの導入事例をまとめました。

情報処理の複雑さによるサロンワークへの悪影響を課題とする美容室の事例

導入前の課題
導入しているソフトウェアでは必要な情報をうまく出せず、手で計算したり、情報の整理を紙ベースで行ったりしていました。各サロンのデータも、店舗に毎日電話やファックスを送って状況を確認。この作業により、サロンワークが止まってしまうことが課題となっていました。

導入後の改善

データをその日のうちにチェック、対策がすぐ出せるように

これまで手作業で計算していたものを、CRMを使うことで即データ化可能に。各店舗もデータもその日のうちにチェックできるようになり、今後の予測や対応に活用できるようになりました。また、店舗間の情報共有もできるようになり、他店が忙しいときはスタッフが自主的にヘルプへ行くようになるなど、よい方向へと意識が変わっていきました。

店舗ごとの顧客管理システムを統合したい美容室のCRM導入事例

導入前の課題

既存の顧客管理システムは各店舗で情報を管理していたため、リアルタイムでデータを活かせないのが課題。店舗と店舗の距離が離れているのでデータを確認しに行くだけでも手間がかかり、常時オンラインで情報共有できるシステムの導入が急務となっていました。

導入後の改善

データの把握だけでなくお客様へのサービスも向上

顧客情報をCRMで全体共有することができ、管理者が出張やオフのときにも店舗の状況・売上データなどを確認できるように。お客様への気遣いやおもてなしなど、店舗が抱える改善点も分析データから明確となり、リピーターだけでなく新規のお客様にも満足してもらえるサービスを提供できるようになりました。

使いやすいCRMシステムの導入を希望していた美容室の事例

導入前の課題

業界大手メーカーのCRMを入れていたものの、美容室の現場で必要となるデータを出すことができず、満足のいかない結果に。不必要なアプリやコマンドが多く、専門知識のないスタッフがカスタマイズをするのも困難、使い勝手の悪さがネックとなっていました。

導入後の改善

美容室に必要なシステムを簡単に構築・カスタムできるように

新しく導入したCRMでは、美容室にとって必要な顧客管理(個人情報・髪質・好み・来店履歴など)はもちろん、店内管理(売上・スタッフ管理など)もすべてこなせるようになりました。しかも、自サロンに合ったアプリやシステムを誰でも簡単に作成できるため、より使いやすいよう独自改良していけるようにもなりました。

貴社の経営を左右する CRMシステム特集
貴社の経営を左右する CRMシステム特集