居酒屋

居酒屋業界におけるCRMの必要性

居酒屋といえば、スタッフによる路上での呼び込み・チラシ・SNSなどでの情報発信が主となっていましたが、「攻めの集客ツール」としてCRMを活用することもできます。

蓄積した顧客情報をCRMで分析することにより、どの時間帯に、どのような商品がよく出ているのか、どのような客層が多くなっているのかなどを可視化することが可能。そのデータに基づいてさまざまなプロモーション(レディースデーや時間帯サービスなど)を展開していけば、効率よく売上を向上させられるだけでなく、顧客満足度もアップ。リピート客の増加にも繋がります。

また、年齢・性別・職業などに合わせて店舗独自の情報をメールマガジンなどにし、ベストなタイミングで配信することも可能。呼び込みやチラシなどのコストをかけることなく、業績アップが見込めるようになるのです。

>>CRMを効果的に活用!いま、企業に求められる本当の顧客管理とは?

居酒屋業界におけるCRMシステム導入事例

居酒屋のCRM導入事例をご紹介しています。

リアルタイムでの予約管理を急務としていた居酒屋の事例

導入前の課題

居酒屋チェーンを都内で10店舗展開している企業の事例。予約管理は全店舗が紙媒体で、情報の共有をしにくいのが課題。週末や年末といった繁忙期には電話・ファックスなどで何度も予約状況を確認し合い、自店が満席の場合は他店に誘導したり、スタッフ数のコントロールなどを行っていました。

導入後の改善

来店・予約状況をリアルタイムで確認可能に

今までは全店舗が紙媒体の予約管理でしたが、CRMの導入後はPC・モバイルツールでの管理が可能となりました。それからは時間・場所に関わらずリアルタイムで予約状況が確認できるようになり、満席時の誘導もスムーズに。すべてのスタッフが状況を把握しているので、お客様への説明やフォローも的確となり、お褒めの言葉もいただいているとのことです。

顧客管理データをサービス向上に活かした導入事例

導入前の課題

季節やその日の仕入れによってメニューが変わるため、お客様のさまざまな要望にも柔軟に対応するスタイル。これまでのお客様の好みやリクエストといったデータはすべて紙に書いて管理してきましたが、オープンから1年でその数は膨大に・・・。予約をもらってから情報を探すだけでも、大変な手間となっていました。

導入後の改善

お客様の情報をすぐに検索でき、1人1人に合わせたサービスを提供

顧客管理システムを入れてから、1人1人のお客様のデータをすぐ探せるようになりました。その日の仕入れ内容で好みのメニューを組み立てることも容易となり、足りないものの補充などもスムーズに。また、電話の着信と同時にお客様のデータがPC上に表示されるため、事前に心構えができるのも喜ばれています。

予約へのスムーズな対応と情報共有が必須となっていた人気居酒屋の事例

導入前の課題

予約で8割の客席が埋まるため、利用者から寄せられる予約メールへの迅速な対応に苦心していました。しかも、最近になってシステムのトラブルが増加。お客様に迷惑をかけないためにも、新しいシステムの導入を急いでいました。

導入後の改善

予約情報の共有だけでなくチームの団結力も向上

新しいシステムを導入したことで、利用者からの予約メールへの対応が簡単かつスピーディーになりました。予約内容を全店舗のすべてのスタッフが共有でき、誰がどう動くかといったシミュレーションも事前にできるように。忙しい日はスタッフ間の団結力も高まり、お客様の満足度に繋がるいいムードが出来上がっているとのことです。

貴社の経営を左右する CRMシステム特集
貴社の経営を左右する CRMシステム特集